LOADING

営業・設計・コーディネート

岡田翔平

「”業者さん”という立場ではなく、"建築に詳しい友人"のような存在」 私は実をいうと"お客さん"と"業者さん"という立場で向き合うことはとてもストレスに感じてしまいます。お客さまは家作りの先にどういった暮らしがしたいかというイメージをお持ちです。私たちは知恵や情報をお伝えするだけ、"お客さん"と"業者さん"という立場ではなく、横並びで一緒にそのイメージを叶えていきましょうとお伝えしています。実際に私はお客さまから営業マンと言われたことがありません。家を建てる世代が私と同世代ということもあり、建築に詳しい友人がサポートで付いてくれているようだ、とお客様に言っていただいています。実は明日もお客さんの家に行ってストーブ用の薪割りと、BBQ大会に参加予定です(笑)誰かがストレスにならないようになんとなくサポートして、せっかく建てていただいた家なので、建てて終わりの関係ではなく、その先もサポートしていきたいなと思っています。